即日融資も可能!プロミス審査と申し込みに必要な書類について

アコムと共に消費者金融業界の頂点に存在しているプロミス

今回は申し込みに必要な書類と審査について詳しく見ていきましょう。

プロミスの申し込みの際に必要となる書類

プロミスの申し込みに際して絶対に必要になるのが「本人確認書類」です。

プロミスにおける本人確認書類は運転免許証となります。

仮に運転免許証がない場合にはパスポートまたは健康保険証に合わせて住民票が必要になります。

外国籍の方はそれに加えて「在留カード」または「特別永住者証明書」が必要です。

仮に本人確認書類に記載されている住所と現住所が異なる場合には以下の書類も必要となります。

・国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書

・社会保険料の領収書

・公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)

・住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

本人確認書類の他に以下の条件に当てはまる方は「収入証明書」の提出も必要となります。

・プロミスにおいて50万を超える借入をする場合

・他社との借入合計額が100万円を越える場合

収入証明書としては以下の書類が認められています。

・源泉徴収票

・確定申告書

*いずれも最新のもの

・給与明細(直近2か月のものに加え1年分の賞与明細)

*賞与明細がない場合は直近2か月の給与明細

 

プロミスの借入審査

プロミスの借入審査に重要なのは以下の4点です。

・総量規制

・過去の借入状況

・現在の借入状況

・勤続年数、年収、勤務形態などの勤務状況

プロミスも貸金業法の対象となる貸金業者ですので総量規制の対象となります。

総量規制というのは、各貸金業者が借入を希望する者に対して年収の3分の1を越える貸付を禁止する旨を定めた貸金業法上の規定となります。

違反すれば厳しい処分が待っており、最悪の場合は貸金業者の免許取り消しとなるため年収の3分の1を越える貸付は行いません。

また、過去に金融事故を起こしていると審査通過はほぼ不可能と言ってよいでしょう。

現在の借入件数も非常に重要です。基本的に借入件数は少ない方が評価が高く、0件が最も評価され、3件を超えると借入は厳しくなると思った方がよいでしょう。

これらは信用情報機関を通じて各金融機関が共有している情報となりますのでこの辺りを偽って申し込むのは絶対にやめましょう。偽りの情報で申し込みをした情報もまた登録される上に申し込み自体にも通らないので結果的に損だけをする形になります。

本人の属性に関する項目においては勤務状況が何より重要になります。

最も重要となるのは勤続年数で、新卒を除き半年未満では審査通過は大変厳しくなります。基本的には1年以上、最低でも半年を越える期間は必要です。

年収も勿論重要です。

プロミスはその利用条件に「安定した収入のある方」と記載していますので、額よりもいかに安定しているかが重要になります。

最低でも年収150万円は欲しい所です。

また、勤務先規模も重視される項目です。

基本的に大きければ大きいほど評価は高く、公務員は最高評価になります。逆に自営業などの場合は借入資金を事業に流用する可能性があることなどから評価は非常に低くなってしまいます。

プロミスの借入上限額と借入金利

 

金融機関名  借入金利  借入上限額
プロミス 4.5%~17.8% 500万円
モビット 3.0%~18.0% 800万円
アコム 3.0%~18.0% 800万円
アイフル 4.5~18.0% 500万円

振込キャッシング(瞬フリ)なら土日祝日でも利用可能

プロミスの最大の長所ともいえるのが振込キャッシング(瞬フリ)のサービスを利用すれば365日24時間キャッシングが行えるという点です。

瞬フリを利用すると以下のようなサービスが可能となります。

・手数料が0円

・深夜でも土日祝日でも24時間口座に振り込みが可能となる

・インターネットで利用可能

*登録口座が三井住友銀行またはジャパンネット銀行であれば24時間最短10秒で口座への振り込み

利用イメージ

 

 

*以下の時間はメンテナンスのため利用が制限されます。

三井住友銀行:毎週日曜日21時~翌月曜日7時 元日は終日サービス停止します

ジャパンネット銀行:毎週月曜日0時~7時 元日は終日サービス停止します

その他の銀行:毎週月曜日0時~7時 元日は終日サービス停止します

 

振込キャッシング(瞬フリ)の利用手順

 

 

※お振込先が、三井住友銀行またはジャパンネット銀行口座の場合、24時間最短10秒でのお振込みが可能です。
上記銀行以外へのお振込みの場合、14:50以降の受付は翌営業日付となります。

 

プロミスで土日祝日の即日借入は可能?

瞬フリを利用すれば土日祝日でも借入ができるプロミスですが、さらに土日祝日における即日借入となると条件は厳しくなってきます。

その理由は在籍確認が土日祝日には行えないからです。

プロミスにおいて即日融資が可能となるための条件は

・平日14時までに契約完了

となっています。

どうして平日のこの時間帯までの契約完了が必要なのかと言えば、通常の会社は平日にしか営業していないためです。

日本という国において与信審査の基準の比重は大きく勤務先情報に置かれていると言えます。

消費者金融の審査通過のための三大要素は

・過去に金融事故を起こしていないこと

・総量規制を超えていないこと

・安定した収入を1年以上継続すること

であると言われています。

上2点は申し込み以前の論外項目と言えますが、消費者金融に限らず3点目の項目はかなり重要で、その安定した収入の拝啓には勤務先の情報が何より担保となります。

日本という国は基本的に農耕民族ですので、継続性を尊ぶ国民性があると言え、また貸付を行う側も特にカードローンにおいては継続的な収入が前提となります。そのためには借入者がどういった企業にどういった勤務形態でいるかという情報が何よりも重要になり、その最重要項目を確認するのが在籍確認なのです。

よって在籍確認のできない土日祝日に即日融資を行うのは難しいのです。

逆に言えば、土日祝日でも在籍確認が可能であれば即日融資も可能になる可能性はあるということになります。

プロミスの在籍確認

プロミスは貸金業法の対象となる貸金業者ですので、「貸付の事実を第三者にしらせてはならない」という規定を順守する必要があります。

そのため、在籍確認用の携帯電話を用意し、電話連絡をする際には担当者の名前で行います。

例としては以下のようになっています。

「お忙しい所恐れ入ります。私谷山(在籍確認担当者仮名)と申すものですが塩尻さん(借入申し込み者仮名)はいらっしゃますでしょうか?」

ここで借入申し込み者がいれば電話をかわって終了です。

「塩尻雅也さんでいらっしゃますでしょうか?」

「はい」

「個人名にて失礼いたしました。私SMBCコンシューマーファイナンスの谷山と申します。以上で在籍確認が取れました。お忙しい所お手数おかけいたしました」

以上で在籍確認の連絡は終了です。本人がいなかった場合は以下のようになります。

「塩尻は現在席を外しておりますが?」

「かしこまりました。それでは塩尻さんの携帯に連絡いたします。お忙しい所失礼いたしました」

これで終了です。

要は申込書の記載にある情報に相違がなければ問題ないので電話連絡の際に第三者に対し「プロミス」や「キャッシング」などの文言が出てくることはありません。

職場の人間にプロミスの利用が知られる可能性は非常に低いと言えます。

それでも在籍確認の電話が嫌だという方は、SMBCモビットを利用するのが良いでしょう。

SMBCモビットであれば条件付きではありますが電話連絡なしでサービスの利用が可能となります。

関連:SMBCモビット審査と申し込みに必要な書類

プロミスの返済方法

プロミスは消費者金融の中でも屈指の返済方法の豊富さを持つサービスと言え、以下の7種類の返済方法があります。

・パソコンやスマートフォンなどWeb上での返済

・口座振替による返済

・店頭窓口での返済

・プロミスATMでの返済

・提携ATMでの返済

・コンビニでの返済

・銀行振り込みによる返済

 

パソコンやスマートフォンなどWeb上での返済

PC・SP・携帯からプロミス会員ページにログインをして返済する方法です。

あらかじめ以下の銀行のインターネットバンキングのいずれかを利用ができることが条件となっています。

 

手数料が無料である上24時間いつでもどこでも返済が行えるというメリットがあります。

口座振替による返済

指定した期日に毎月の返済額が自動で銀行口座より引き落としされる返済方法です。

利用には会員ページにログイン後口フリボタン(口座振替)より申込を行う必要があります。

 

申込の際利用する金融機関によって以下のような違いが出ます。

 

 

手数料無料で利用でき、返済忘れもないため最も推奨される返済方法だと言えますね。

店頭窓口での返済

全国各地にあるお客様サービスプラザにて行う返済方法です。

担当員と返済について相談しながら返済を行えるという大きなメリットがあるとともに店舗までの移動時間などや地域によってはお客様サービスプラザがないなどのデメリットも存在しています。

プロミスATMでの返済

全国各地にあるプロミスのATMにて返済を行う方法です。利用料は無料でその場で「ご利用明細書」が発行されます。

 

現在の借入残額などが確認できる点にメリットがあります。

 

提携ATMによる返済

全国にある提携ATMにて返済をする方法です。

プロミスおよび三井住友銀行ATMでの取引は利用手数料がかかりませんが、基本的には1万円以下の返済額の場合は108円、1万円を超える返済額に対しては216円の手数料がかかります。

 

 

コンビニで返済

コンビニに併設してある提携ATMとは別に、ローソン・ミニストップ・ファミリーマートに設置されているメディア端末を利用することで24時間手数料無料での返済が可能になります。

 

 

銀行振り込みによる返済

各種銀行よりプロミス指定の口座への振り込みをすることで返済する方法です。

利用の際には各種金融機関の定めた利用手数料がかかります。

 

プロミスカードローン・キャッシングの口コミ

 

どうしてもお金が必要な時があって、即日融資も可能という文言に惹かれてプロミスを利用しました。ホームページからWeb申し込みをしたところ、審査に通過ということで本当にその日のうちに借入ができて本当に助かりました。電話の応対などもとても丁寧で感じがよく、利用してよかったと思います。

 

一言解説

プロミスの魅力は何と言っても審査がスピーディである点でしょう。平日の14時までに申し込みをすれば即日融資されることもあるため急いでいる人には最適のカードローンサービスだと言えます。

 

インターネット上の比較サイトを見て上位だったのでプロミスに申し込みをしました。それほど深く考えずに申し込んだのですが、電話対応もとても丁寧で好感を持ちました。実際に利用してみて思ったのは返済方法が多くて助かるということでした。毎月の返済は銀行口座による口座振替を利用していたのですが、ちょっとした臨時収入などがある際には多めに返済をすることにしており、その際スマートフォンからの返済ができるのがとても助かりました。そのおかげもあり返済期間も予定より短めに終わり大変満足しています。

 

一言解説

プロミスは200以上の金融機関からの返済に対応しており、消費者金融の中でも隋一の返済手段の多さを誇るカードローンサービスだと言えます。そのため、口コミにあったように返済がしやすく、利便性が非常に高いサービスとなっています。

 

妻帯者です。妻に内緒で自由に使えるお金が欲しくてプロミスの利用をしました。プロミスのWeb完結申し込みで口座振替を選択するとカードなし郵送物なしで借りられるため妻にバレずに借りることができました。

 

一言解説

プロミスのWeb完結申し込みでは申し込み時に返済方法を口座振替に指定し、カードなしを選択することによって郵送物なしで借入をすることができます。様々な理由で家族に借入の事実を知られたくない方にはおすすめのカードローンと言えるでしょう。

 

プロミスキャッシング・カードローン概要

 

ご融資額 500万円まで
ご契約額 お客さまご指定の契約額(極度額)の範囲内で、当社が決定した金額
金利適用方式 単一金利
借入利率 4.5%~17.8%(実質年率)
※新規契約の方が対象となります。
遅延利率 20.0%(実質年率)
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
ご返済期日 5日、15日、25日、末日の中から、お客さまのご都合にあわせてお選びいただけます。

※三井住友銀行またはジャパンネット銀行以外の金融機関からの口座振替によるご返済を希望される場合、ご返済期日は5日となります。

ご返済期間・ご返済回数 最終借入後原則最長6年9ヶ月・1~80回
お申込みいただける方 年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方

※主婦、学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合お申込みいただけます。

資金使途 生計費に限ります。

(ただし、個人事業主の方は、生計費および事業費に限ります)

担保・保証人 不要